【2021年4月】アメトークのマンガ大好き芸人まとめ!おすすめ作品のあらすじ紹介アイキャッチ

育児と仕事の合間に

【2021年4月】アメトークのマンガ大好き芸人まとめ!おすすめ作品のあらすじ紹介

どうも、ゆずパパです!

仕事終わりや育児の合間など、休憩時間に
「マンガ読みたいっ!!」って思うことありますよね?

しかもマンガって、学びも多い!
歴史上の人物が出てきたり、名言があったり・・

これから新しいマンガを買いたい!読みたい!と考えているなら
アメトークのマンガ大好き芸人で紹介された漫画を読んでみるべし

 

最近は、Kindleで一巻無料で読めるものもあるので
立ち読み感覚で試し読みもできます

電子書籍なら買っても邪魔にならないのがいいですよね
通勤時間に電車で読むのにも最適!

個人的には、電子書籍より実際の本が好きなのですが
いろんな制約(奥様に怒られる。笑)で買いにくい人もいるはず(笑)

ゆずぱぱ
便利な世の中になったね

 

番組内では各芸人さんが、箇条書きで大量の作品を上げていましたが
今回は、その中でも気になる7作品を紹介していきます

あんまりネタバレにならないように、簡単なあらすじも紹介してます

それでは今日も気楽にどうぞ〜

おすすめ7選!【2021年4月】アメトークのマンガ大好き芸人の作品

1.『葬送のフリーレン』

葬送のフリーレン
created by Rinker
  • 原作:山田鐘人
  • 作画:アベツカサ
  • 掲載誌:週刊少年サンデー

あらすじ

勇者ヒンメルがパーティを組んで魔王を倒した後の物語。

この物語の主人公は、勇者と一緒に戦ったエルフ「フリーレン」。エルフの寿命は1000年と言われている。

魔王討伐を果たし、10年もの旅路を終えたパーティは解散したが
フリーレンからすると、共に過ごした10年は、ほんの一瞬の出来事。

そしてフリーレンは、50年後に仲間達と再会する。

命をかけて戦った勇者とその仲間達は年老いてしまっている。
再会後、勇者ヒンメルはなくなってしまうが、

彼の葬儀でフリーレンは自分が勇者ヒンメルについて何も知らず、知ろうともしなかったことに気付いて涙する。

その感情に気づいたフリーレンは、「人間を知る」旅に出る。

その道中、フリーレンは次の世代の勇者とも出会い、

前回の旅で倒しきれてない魔王の部下とも戦いながら、様々な人間の感情を知る旅を続けていく…

  • 「魔王を倒した後」という設定が斬新
  • 日々の何気ないことにも愛情があると気づく
  • フリーレンの感情に共感して泣ける
  • 細かい伏線もしっかり回収する作品

 

2.『北北西に雲と往け』

北北西に曇と往け
created by Rinker
  • 作者:入江亜季
  • 掲載誌:ハルタ→青騎士

あらすじ

両親を亡くしてアイスランドに旅立ち、探偵として生計を立てている「御山 慧(みやま けい)」が主人公。

慧は機械と会話ができる特殊能力を持っている。

美しいアイスランドを旅をしながら
特殊能力を活かし、犬探しや一目惚れの相手探し、家出少年の捜索などの依頼を解決していく。

そんなある日、弟「御山 三知嵩(みやま みちたか)」に連絡を取ろうとするが、全く繋がらない。
一緒にいるはずの叔父夫婦とも音信不通になり、日本に帰る。

日本に帰ると、叔父の妻は事故に遭い、叔父は病気で死亡したことを知る。

三知嵩を探す中で、日本の警察に拘束され「三知嵩が叔父夫婦の殺人犯」として捜索中だと聞かされたが、弟の殺人を必死に否定する。

その後、慧は三知嵩と再会を果たすが
実は弟・三知嵩にも何かしらの特殊能力がある描写が出てくる。

それは「人の手を触れたら、相手に切り刻まれたようなイメージを与える」もの。

しかし、その能力の内容は謎のまま、物語は進んでいく…

  • 舞台のアイスランドの魅力がわかる!背景が綺麗に描かれていてまるで観光ガイドブック
  • アイルランドの食べ物や文化も学べる
  • 穏やかな雰囲気の物語の中で、主人公「慧」の弟「三知嵩(みちたか)」の不思議な存在感と恐ろしさのギャップもあり引き込まれる

 

3.『終末のワルキューレ』

終末のワルキューレ
created by Rinker
  • 作画:アジチカ
  • 原作:梅村真也
  • 構成:フクイタクミ
  • 掲載誌:月刊コミックゼノン

あらすじ

700万年続く人類の歴史が、今幕を閉じようとしている・・

人類の創造主である神々によって
1000年に1度開かれる「人類存亡会議」

次の1000年も人類を残しすべきか、滅亡させるべきか…

海はゴミと油だらけ、、森林は消滅し生物は絶滅・・

進歩と反省の兆しが見えない人類を見限った神々は「人類の終末」を決める。

そこで異議を唱えたのは、神の中では位の低いワルキューレ13姉妹(半分神、半分人間)の長女「ブリュンヒルデ」

彼女は、超特別条項に基づく「神VS人類最終闘争(ラグナロク)」で人類の行く末を決めることを提案する。

ラグナロクとは、天界最強13人vs人類最強13人の1対1勝負(タイマン)で先に7勝した方が勝利。

つまり人類が先に7敗した瞬間、「人類の終末」が決定する。

神々も最初は、この提案を相手にしなかったが
ブリュンヒルデの挑発にプライドを傷つけられ、ラグナロクの開催が決定する。

こうして天界の最強神と、秘術「神器錬成」によって神器と化したワルキューレ達と共に戦う最強の人類「神殺しの13人」のタイマンが始まる…

1回戦は、北欧最強 雷神「トール」vs 中華最強の英雄「呂布 奉先」、、

  • 各国の神々が登場するので神話や伝説好きには、たまらない作品
  • 世界中の歴史上の人物や関連する人物も登場し、紹介されている
  • 迫力あるバトルシーンは見応えあり

4.『東京卍リベンジャーズ』

東京卍リベンジャーズ
created by Rinker
  • 作者:和久井健
  • 掲載誌:週刊少年マガジン

あらすじ

主人公の花垣武道(はながき たけみち)は、26歳のフリーターとして底辺の生活を送っていた。

ある日、中学時代の彼女だった橘日向(たちばな ひなた)が弟の直人(なおと)とともに
暴走族東京卍會(東卍)の抗争に巻き込まれ。死亡したニュースを目にする。

翌日、バイト帰りに何者かによって電車のホームへと突き落とされた武道。

轢死を覚悟した瞬間に、なんと人生の絶頂期だった12年前の2005年にタイムリープしたことに気づく。

そのまま地元の一大暴走族だった当時の東卍に袋叩きにされる過去を追体験した武道は、偶然直人に遭遇。

彼に「12年後の日向が危ない」と伝え、直人と握手。すると武道は再び2017年に戻ることになった。

再び戻った現代の2017年には直人の姿があったが、日向は殺害されてしまったことを知る。

直人と握手するとタイムリープできることに気付いた武道は、なんとしても日向を救うために、再び過去へ戻ることを決意。

一度戻った同じ過去には戻れない。失敗できない緊張感。

日向殺害の原因となった不良集団の頂点に登ることで、日向を救うという奮闘劇が始まる。

  • 2021年からTVアニメ化
  • ヤンキーマンガが苦手でもタイムリープのSF要素もあり楽しめる
  • 作者の和久井健先生の作品は、新宿スワンも有名

『東京卍リベンジャーズ』はAmazonプライム会員ならAmazonプライム・ビデオで全話見れます♪

 

5.『チ。ー地球の運動についてー』

チ。―地球の運動について―
created by Rinker
  • 作者:魚豊
  • 掲載誌:ビックコミックスピリッツ

あらすじ

15世紀前半のP王国では、C教という宗教が絶対的な力を持ち、彼らが唱える天動説が信じられていました。

地球が中心で天が動いていると説く天動説に対して、地動説はその教えに反し、研究するだけでも異端者扱い。

異端者は拷問を受けたり、火あぶりの刑に処されていた。

その時代を生きる主人公「ラファウ」は12歳で大学に入学し、神学を専攻する予定の優秀な子供でした。

しかしある日、地動説を研究していた「フベルト」に出会ったことで地動説の美しさに魅入られ、命を賭けた地動説の研究が始まる。

ラファウが地動説を研究していることがC教にバレそうになると、フベルトがかばって焼かれ死んでしまう。
こうしてフベルトはこれまでの研究をラファウに託すことになった。

しかし養父に密告され、ラファウもC教に捕まってしまう。

一度は改心したふりをして大学に入学しようと考えたが、
牢獄で月明かりを見て、宇宙の美しさを再認識する。そして地動説を信じることを決意。

「僕の命にかえても、この感動を生き残らす」「自殺する行為は狂気でもあるが、地動説に対する愛とも言えそうです」

そう言い残し、ラファウは毒を飲み自殺する。

時は流れ、10年後。

ラファウやフベルトが残した研究資料が、発見され後世へと引き継がれていく…

  • 1巻でいきなり主人公が死んでしまうという衝撃的な始まり。しかしその研究は後世に受け継がれていく。
  • 天動説や地動説について詳しく描かれていて勉強になる
  • 後世へと引き継ぎながら真理を追い求める学者たちの命がけの好奇心がすごく伝わってくる

 

6.『カラオケ行こ!』

カラオケ行こ!
created by Rinker
  • 作者:和山やま
  • 掲載誌:月刊コミックビーム

あらすじ

主人公の「岡聡実(おか さとみ)」は、合唱部の部長を務めるごく普通の男子中学生。

ある日突然、聡実はヤクザの男「成田狂児(なりた きょうじ)」にカラオケへと拉致される。

話を聞くと、狂児の組長は大のカラオケ好きで、年に4回組総出のカラオケ大会がある。
カラオケ大会でビリになると、絵心のない組長の手で刺青を入れられるという罰ゲームが待っている。

そこで成田は、どうしても歌が上手くなりたいと聡実に歌のレッスンを頼み込む。

聡実はしぶしぶ承諾し、毎週レッスンをすることになった。

不思議な交流を重ねていくうちに、ふたりの間には奇妙な友情が芽生えていく…

  • 最初はまるでコントのようだけど、最終的には涙が流れる作品
  • 作者 和山やま先生は、『女の園の星』も有名
  • 全1巻で完結(1時間もあれば読める)

 

7.『ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜』

ハコヅメ~交番女子の逆襲~
created by Rinker
  • 作者:泰三子
  • 掲載誌:モーニング

あらすじ

町山署の交番に勤務する新人警察官「川合麻依」は、違反者や一般市民から日々文句を言われ、警察官の仕事に嫌気がさしていた。

思い切って警察をやめてやる!と決意し、辞表を握りしめていた日に
元刑事課のエースで、後輩へのパワハラで交番へ左遷されてきた「藤聖子」部長と出会う。

藤部長の鋭い観察眼や取り調べ能力を目の当たりにする川合。
藤部長の優しく、時に厳しい指導の下、川合は警察官としての職務や心得を学び、少しずつ仕事に対する自信を持つようになり…

  • 2021にドラマ化
  • 2022年にTVアニメ化決定
  • 作者は元婦警さん、実際の体験や事実を参考にした作品

まとめ【2021年4月】アメトークのマンガ大好き芸人おすすめ作品のあらすじ紹介

読みたいマンガは見つかりましたか?

ゆずぱぱ
個人的にはバトル系は全部読みたいね

 

通勤時間に読みたい!今すぐに読みたい!と思うなら
Kindleがおすすめです♪

スキマ時間を無駄にしないのも大切ですよね!

 

それでは、今日も気楽にいこか〜
最後までお読みいただきありがとうございました

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ちーまま

育休中のちーままです!ゆず家はパパ・私・ベビちゃん(1歳娘)の3人家族★すくすく育つベビちゃんと気楽なアラサー夫婦で毎日楽しく過ごしています♪ 育児に役立つ情報や、自身の経験談を発信中!

-育児と仕事の合間に

Copyright© ゆず家の気楽な育児ブログ , 2021 All Rights Reserved.